高齢者安心の住まい

高齢者用の住まいづくり

高齢者用住まいとしてリフォーム

高齢化社会を迎えていますが、実際に高齢者が住んでいる住まいに関しては、常に安全に生活を送ることができるように工夫をすることが良い方法になり、現在ではそのために役立つリフォーム方法が提供されています。例えば床面に関しては、敷居などによって段差が生じている場合もあり、敷居を取り外してフローリングを敷きつめる方法もあります。手摺を設置することも基本的な内容として知られており、廊下や階段、浴室やトイレなどに設置をすると便利な住まいに変えることができます。他にも玄関周りなどをスロープ状に施す方法などもあり、転倒してしまうことを防ぐことを目的にすることが良いリフォーム内容になります。

高齢者に安全な住宅について

高齢者が安全に過ごせる住まいには工夫が必要です。まず、段差をなくすことです。高齢になると少しの段差もつまずきの原因になります。逆に段差があるのであれば目立つ大きなものの方が安全です。比較的小さな段差には、視力も衰えている場合があるので気が付かずに転倒してしまいます。転倒は骨折につながりやすいため、寝たきりになる要因です。次に、身体を支える手すりの設置です。自分の身体を支えることは高齢者には想像以上に苦労なことです。住まいは1日の多くの時間を過ごす場所です。それぞれの方の状況を把握して、適切な対策を講じることが1番大事です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 住まいの耐震について All rights reserved