家族全員の安心住まい

防犯対策を施した住まい

防犯を強く意識した住まいを作る

一戸建て住宅などに住んでいる方のケースでは、住まいの防犯性について考えてみることがおすすめになり、安全性の高い住宅に仕上げることが何よりです。その方法については、まずは窓を強化する方法があります。防犯ガラスなども存在しているので、特に1階部分の窓に関しては強化してみることも良い方法です。また、住まいの周囲に音の出る砂利を敷き詰める方法もあり、人が歩いた場合では、直ぐに音によって判断することもできます。玄関周りなど気になる場所に関しては、カメラを設置する方法も用意されています。現在では優れた性能を持っているカメラがあり、夜間であっても綺麗に録画することもでき、抑止力にもつながるメリットがあります。

防犯を意識して安全な毎日を

日頃から防犯を意識して、住まいの鍵の施錠などを心がけるのはもちろんですが、常に安全を守る意識を養っておきましょう。空き巣や強盗に備え、窓ガラスにはセキュリティフィルムを貼ったり、鍵を開ける前に来訪者の確認をすることも絶対に必要です。さらに、家族や友人間でも防犯の心得を話し合ったり、近所の人たちと情報を共有することも大切です。住まいの安全は周辺の状況も大変重要な問題です。情報を交換しておくことで、様々な危険を回避することができます。危険を感知するアンテナを張り巡らし、心構えをしておくことで防げることが多くあります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 住まいの耐震について All rights reserved